カナダ バレエスクール・カンパニー視察

去る2011年10月12日~19日に有明ニューシティバレエスクール校長 池端とゼネラルマネージャー 鈴木がカナダの主要なバレエスクールとカンパニーの視察に行って参りました。

初日、バンクーバー着後すぐに乗り継ぎ便でヴィクトリアに到着、早速 ”Victoria  Academy of Ballet” を訪問いたしました。

  

ヴィクトリアは、素晴らしく美しい港町で気候温暖の観光地でもあります。

  

このバレエスクールはユニークなことに、古い教会をBleiddyn校長が買い取り、天井の高い教会内部をスクール用のスタジオに改装しています。午後はこのスタジオを基点に活動するヴィクトリア・バレエ団のレッスンを見学し、夕方まで、スクールのバレエレッスン、ジャズのクラスを見学いたしました。そしてレッスンの後、校長と面談をいたしました。

   
【スクールのレッスンの内容】
日本ではなじみの薄い、しかしながらクラッシック・バレエの歴史上重要なチェケッティメソッドを取り入れた興味深い練習が見られました。日本からの留学生も数人いて、皆ホームステイしながらカナダの高校に行き、勉強しながらバレエのレッスンをしっかりしているとの事でした。ホームステイ先はスクールの方で斡旋してくれるとの事でした。
もし、”Victoria Academy of Ballet”にバレエ留学生徒を希望する生徒がいたら、当校より紹介をお願いしたいと言う話を頂きました。ホームステイ先がしっかりしていて、ホスト・ペアレンツも親切に留学生をケアしてくれますので、通学しながら安心できる環境でレッスンが出来るのが良いと思いました。カナダのバレエスクールは、通学しながらバレエレッスンを受けます。

 

10月13日は、バンクーバーにあるコンテンポラリーのBCバレエカンパニーに行きました。公演を数日後に控えていて、レッスンの後リハーサル風景を直近でたっぷり見せて頂きました。斬新で最先端を行く振り付け、そのスピード、迫力にコンテンポラリーダンスの目覚しい進化を感じました。
当校でも最新のコンテンポラリーのコンセプトと技術をどんどん取り入れて行く必要を感じました。

 

次に同じくバンクーバーにある、コンテンポラリーバレエスクール「アーツ・アンブレラ」に行きました。
池端は日本の講習会でも会っていた アルティミス・ゴードン校長との再会を果たしました。 このスクールからBCカンパニーに就職する生徒も多いとの事でした。
若く元気で熱心な生徒が公演が真近で、熱の入ったレッスンとリハーサルを見せてくれました。男性生徒が多い事に驚きました。

  

校長から当校の推薦があれば希望する生徒の入学を許可してくれると言うお話を頂きました。

 

バンクーバーのDOWNTOWNに、YELLOW STREETがあります。
そこのSEA FOOD RESTAURANTは新鮮な魚介類をふんだんに使ったおいしい料理を出してくれるお店でした。

 

 10月14日はロイヤル・ウィニペグ・バレエスクール(RWB)に行きました。

  

まだ10月なのに、ウィニペグはとても寒い所です。北極の風が直に吹き込むせいだそうです。RWBは、ウィニペグ市の中心に位置し、大きな綺麗な近代的建物で、中心部は吹き抜け広場になっていて、そこで学校の勉強も出来ます。

大きな体育館のような観覧席付スタジオをはじめとして、多くのスタジオがあり、クラッシクだけでなく、コンテンポラリは当たり前として、キャラクターダンスなど、レッスンメニューも豊富です。ロシアの若手の先生が熱心に中級~上級クラスで教えていました。

  

 

10月15日も ロイヤルウィニペグです。
この日は、スクール内にあるとても素敵な寮の施設に案内されました。生徒の個室、食堂を見て回り、設備の充実さぶりにウィニペグはとても恵まれた環境でバレエが出来る学校だと思いました。

  

 

10月18日QUINTE BALLET SCHOOL OF CANADAを訪問いたしました。
地方ながら、熱心に練習する生徒がいるコンパクトなスクールでした。広大な景色のなかでこちらに通う唯一の日本人生徒がおりました。

 

10月19日カナダナショナル訪問
カナダ最大の学校ナショナル・バレエスクール・オブ・カナダ(NBS)を訪問しメーヴィス校長と懇談いたしました。

  

入学希望者は、まずサマースクールに参加して、そこで3週間ほどレッスンし、入学のための審査を受けてから入学できるか否かが決まるとの事でした。
もし、サマースクール参加希望者がいれば、当校の推薦を検討してもらえることになりました。
その後、ゆっくり時間をかけて、広大な施設やレッスンを案内していただきました。

このバレエスクールは何とバレエスクールに隣接する小中高等学校と2階から直接渡り廊下で繋がっていて、学校終わるとそのまま、レッスンに来られると言うありがたい設備です。
アカデミックな勉強をする学校付属のバレエ・スクールです。
当然沢山のスタジオがあり、大きなスタジオで少数の生徒がレッスンを受けていました。
RWBと同じで、あらゆるジャンルのダンスのレッスンを受けられます。
また、NBSはバレエの先生を養成する優秀なスクールでもあり、日本人で教育課程を受け資格を取りに来ている先生候補の生徒も数人いました。

カナダナショナルの隣にバレエ用品の店があります。そこでは素敵なバレエ用品がありシューズのフィッティングもやっていました。 

 

NBSに面する道路反対側のレストランはとてもおいしい、カナダの特色ある料理を出します。NBSの教師の皆さんからこのレストランの料理を薦められました。

 

19日、かなり天候が荒れ模様で風雨が強くなり、気温も日本の12月~1月ほどに下がりました。 翌日嵐がおさまりトロントの空港へ、日付変更線を通過のため、行きとは逆に機上で一日を失いました。

21日 帰国